従業員満足(ES)とは?

従業員満足(ES)とは?

ESイメージ従業員満足(ES)とは、顧客満足(CS:customer satisfaction)に対比される概念で、従業員の業務内容や職場環境、人間関係などに対する満足度のことをいいます。 ESとは、「Employee Satisfaction」の略で「Employee(従業員)Satisfaction(満足)」。

従業員満足(ES)の向上とは、従業員が満足と感じるような、イキイキと働ける環境を会社の戦略として積極的に整備し支援していくことです。

それは何も給料や待遇面だけではありません。会社のビジョンや方針、上司のマネジメントや風土、文化、コミュニケーションなどその内容は多岐にわたります。

顧客満足(CS)だけでなく、この従業員満足(ES)にも取り組むべき理由は、それにより従業員が高いモチベーションで仕事に望むようになり、従業員のパフォーマンスが上がり、結果として会社の業績も上がるという成功例が現れてきたためです。

以前は、顧客満足(CS)の向上のために従業員が犠牲になっているようなケースも見られましたが、そうした企業はどんどん淘汰され、現在本当に強い企業は顧客満足だけでなく従業員満足も高い企業です。

この従業員満足(ES)という概念は、これからの厳しい経営環境の中で必要不可欠なものとして近年ますます注目を集めてきています。

従業員も満足できる職場を求めている

これまでは従業員側も、仕事に求めるものは給料や休日などの待遇面が主でしたが、最近になってそれも大きく変化してきました。
将来性や社会性のない会社、ギスギスした職場、自己成長が果たせない仕事ややりがいのない仕事などは、いくら賃金が良くても従業員を満足させることができなくなりました。
それは離職率などでもハッキリと現れてきます。

逆に従業員満足(ES)を高めることができれば、「私は経営者や会社から大事にしてもらっている。」という気持ちを社員が持つようになり、仕事に取り組む姿勢もおのずと変わってきます。

社員を大事にすればするほど従業員の満足度が高まり、結果として見違えるほど仕事への積極性・モチベーションは高まっていきます。

これからの社会では、従業員に対して単に賃金を与えるだけでなく、「心の報酬」も与えるよう知恵を絞らなければなりません。
そうしなければ生き残れなくなってきているといっても過言ではありません。戦略的に従業員を満足させる環境をしっかりと整えていく必要があります。