社長の魅力・上司の魅力

従業員満足につながる社長の魅力・上司の魅力

居酒屋などでグチを言っているサラリーマンの話を聞いていると、「上司のグチ」が多く含まれていることに気がつくかもしれません。
その他にも、「会社の方針」なども多く聞かれるはずですが、毎日接する上司への不満はやはりそれだけ溜まり易いのでしょう。

上司のどこに不満を感じるのかは、大別すると「人としての人間性」と「仕事に関する能力」に別けられると思います。
いくら仕事ができても、人間性に問題があれば部下の不満は溜まるでしょう。
逆に、人間性は素晴らしいものの、仕事ができない上司に対しても不満は出るでしょうが、コチラのほうはそれ程深刻な問題にはならないかもしれません。
仕事ができない度合いによりますが、この場合は多少仕事ができなくても人間性でカバーできそうです。

つまり、上司のメインの仕事は部下をまとめることであって、自らが率先して仕事を実行することではないはずなので、やはり「仕事力」より「人間力」が問われるのでしょう。
西郷隆盛も「功ある人には禄(ろく)を与え、徳ある人には地位を与えよ。」 と言っています。
もちろん、両方できるのがベストであり、あまりにも能力のない者が上に立つと、その部下は不幸になってしまう可能性がありますが、人の上に立つものは「人間性」がなによりも大事です。

これはもちろん、組織のトップである社長にも間違いなく当てはまるでしょう。

人の上に立つものの魅力とは

では、人の上に立つ者の「人間性」とはなんでしょうか。
「包容力、理解力、共感性、決断力、公平性、信念・・・」など色々思い浮かぶと思います。
完璧な人間はいませんので、求められる人間になるように日々努力していくことが重要であり、それによって一歩ずつでも成長していくしかないでしょう。
まずは、部下の話をしっかりと聞き、部下を「尊重し」「応援する」ことから始めてみるのもいいかもしれません。

従業員満足につながる要因